010.jpg itom179.jpgccg41.jpg
ちょっと懐かしいアイドルの、お宝水着画像を紹介するコーナー。お宝画像続々掲載中!

小池栄子の水着画像 その3

アイドル,グラビア,写真集,DVD

小池栄子の水着画像

迫力のダイナマイト・ボディ、小池栄子の水着姿です。
グラマラスな水着姿は最高ですね!ビキニが映えます!!!
彼女は、「巨乳ブームの火付け役」となった存在ですから、
最高のプロポーションです!!!

K0109.jpgK0110.jpg

<小池栄子>
巨乳ブームの火付け役的存在。巨乳グラビア系ではカリスマ的
存在で、乙葉、熊田曜子、磯山さやかも彼女が近くに来ると
必ず挨拶をしていると言う。

だが、デビュー当時のグラビア写真では、現在のような巨乳
ではない。当時のキャッチフレーズは「宇宙一のメロンパイ」
で巨乳ブームが訪れたときに巨乳アイドルとして活躍を始めた。

これによって世間には小池栄子豊胸疑惑が存在するが、野田義治
社長は「X線写真を撮ってでも偽パイ疑惑を晴らしたい」と言い、
実際に『アッコにおまかせ!』の中でX線写真を撮ったことがあり、
豊胸ではないことが証明されたが、胸が垂れていることが発覚
してしまった。

あからさまな巨乳のため、某ページで胸の手術を受けたのではと
掲載され、これに小池が激怒し、裁判沙汰になったことがある
(その後掲載者に不利な証言が多数得られたため、地裁判決直前
に掲載者が謝罪して和解)。

また、この間に、テレビに出演する女性の肖像権を管理すべきと
発言し、2004年に肖像権を守る会設立の裏の主役となり、更に、
CMやポスターでモーニング娘。らと共演。

出典:Wikipedia
posted by 懐かしいアイドルのお宝水着画像 at 00:14 | 小池栄子の水着画像

小池栄子の水着画像 その2

アイドル,グラビア,写真集,DVD

小池栄子の水着画像

ダイナマイト・ボディのバラエティ・アイドル、小池栄子の水着姿。
グラマラスな彼女のボディラインは最高ですね!「巨乳ブームの
火付け役」となった存在ですから、最高のプロポーションです

K0108.jpgK0107.jpgK0106.jpg

<小池栄子>
東京都世田谷区下北沢出身。元グラビアアイドルで現在はタレント
女優として活動中。所属事務所はイエローキャブ。血液型はAB型。
夫はプロレスラーの坂田亘。

巨乳ブームの火付け役的存在。巨乳グラビア系ではカリスマ的
存在で、乙葉、熊田曜子、磯山さやかも彼女が近くに来ると必ず
挨拶をしていると言う。

出典:Wikipedia
posted by 懐かしいアイドルのお宝水着画像 at 23:49 | 小池栄子の水着画像

小池栄子の水着画像 その1

アイドル,グラビア,写真集,DVD

小池栄子の水着画像

ダイナマイト・ボディ、小池栄子の水着姿です。グラマラスな彼女
の水着(ビキニ)姿は最高ですね!巨乳ブームの火付け役、となった
存在ですから、最高のプロポーションです!

K0105.jpgK0103.jpgK0104.jpg

<小池栄子>
東京都世田谷区下北沢出身。元グラビアアイドルで現在はタレント
女優として活動中。所属事務所はイエローキャブ。血液型はAB型。
夫はプロレスラーの坂田亘。

イエローキャブの系列会社であるサンズエンタテインメントに所属
していたが、2004年11月に両社の社長であった野田義治がイエロー
キャブを辞任したことをきっかけとして、親会社のイエローキャブ
へと移籍した。

元々は女優を目指して芸能界入り。最初のドラマ出演後のオーディ
ションで「そんなに太っていたら映像では使えない」と言われ、
なかなか次の仕事が決まらなかった。

そんなところに「写真なら角度などで誤魔化せる」とグラビアの
仕事が入り、スカウト時に水着はやらない条件(自分のスタイル
に自信が無かった)で芸能界入りしたのに、と思いつつ渋々
グラビアを始めた(この頃について後年「事務所に騙された」と
TVでコメントしている)。

ところが「胸が大きいのはコンプレックスだけど、これを売りに
すれば良いのでは」と考えを改め、それ以降は積極的にグラビア
に取り組むようになる。

巨乳ブームの火付け役的存在。巨乳グラビア系ではカリスマ的
存在で、乙葉、熊田曜子、磯山さやかも彼女が近くに来ると必ず
挨拶をしていると言う。

出典:Wikipedia
posted by 懐かしいアイドルのお宝水着画像 at 00:28 | 小池栄子の水着画像
033.jpgccg05.jpg ccg42.jpg itom188.jpg minamino14.jpg saitou08.jpg wakui06.jpg

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。